心身を温める

フランスデュランスガラスコップ ¥210〜 コースター ¥380

フラワリーなハーブティー 各¥850

リーフがベースのハーブティー 各¥850

熱中症対策にこまめに水分補給をしなくてはいけませんが、ついつい冷たい飲み物ばかり飲みすぎていませんか? 気温上昇で暑くなるのは皮膚、運動などで暑くなるのは筋肉。ですが、冷たい飲み物で冷えるのは内臓です。では、どうして内臓を冷やすと良くないのか。
①内臓に負担がかかる
胃腸が冷え、栄養分の消化や吸収が低下します。
②血行が悪くなる
血管や筋肉が硬くなり血行が悪くなると、栄養分が身体のすみずみまで運ばれない上、老廃物や毒素も排出されにくくなります。
③元気がなくなる、夏バテになる
胃腸の働きが衰えると食欲がなくなり、口当たりの良い冷たいものしか受け付けなくなるので更に内臓が冷えるという悪循環に陥ります。体温が下がると免疫力も低下するので、病気にかかりやすくなります。また、体温の変化による自律神経の乱れが不眠などの原因になります。
④むくむ
血行悪くなると体液循環も悪くなるので、水分がうまく吸収、排出されず、細胞間や胃にたまりむくみをおこします。それがセルライトとなってあらわれることもあります。
⑤太る
冬は内臓冷えから守るために脂肪雨がつくので痩せにくいという状態を夏も作っていることになります。
⑥禿げる
内臓を冷えから守るため全身から内臓に血液に血液集まり、末端に行かなくなります。末端である頭皮が血行不良になり、薄毛や抜け毛の原因なります。
ハーブティーはカフェインゼロ。自然の香りで癒されながら、暑い夏を乗り切りましょう。カリス成城のハーブティーはテトラTパックが16包入って、800〜850円。ご自分のリラックスタイムに、プレゼントにもおすすめです。
bongout
アロマテラピーと雑貨のセレクトショップ Bon goût(ボングー) 天然由来の香り 肌触りのいい布 使い継ぐうつわ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です