天然の香りで温まりましょう

この季節、冷えにはどんな精油が良いですか?ときかれます。
たとえば、しょうがや胡椒。食べるとポカポカしますよね。精油にも
ジンジャーやブラックペッパーが存在しますので、トリートメントの
ブレンドのひとつとして選ぶことはありますが、これらをシングルで
芳香したり、お風呂に入れたりは皮膚刺激も強くお勧めしません。
良く言われる冷えの原因は血行不良。特に女性は男性に比べて筋肉量が
少なく血行不良になりやすいのです。
そうした物理的要因と共に、自律神経の乱れも要因となります。
交感神経と副交感神経を自動的に調整するのが自律神経です。
一般的に、交感神経はストレス状態時に活発になり、副交感神経はリラックス
しているときに優位になる神経といわれます。
交感神経が優位なときは、手足の末梢血管が収縮します。つまりストレスが多い
状態が続くと、体の隅々にまで血液が巡らなくなり、結果冷えやすくなるのです。
逆に、副交感神経が刺激されると末梢血管の血流が良くなります。
ということは、副交感神経を優位にすれば手足が温まり、冷えが解消されます。
そして副交感神経を優位にするには、リラックス。 アロマテラピーで香りを嗅いで
リラックスすることが冷え性解消に役立ちます。

子供の頃、風邪気味の時はお風呂に入らないよう言われたものですが、
最近は湯冷めしないようにして入った方がいいと変わってきています。
手足を伸ばして、ゆっくりとお湯に浸かりアロマの香りを胸いっぱい
嗅ぎましょう。
■オーガニック精油 5ml (100滴)¥1000〜
※使い方
大さじ一杯の天然塩に好きな香りの精油を3滴たらしバスソルトを作ります。
お風呂のお湯によく溶かしてから入ります。天然塩の代わりにハチミツでも。
浴槽や排水管の傷みが気になる方は、コップなどにお湯を入れ精油を垂らし、
浴室の中に。
※冷えによい精油
グレープフルーツ、スイートオレンジ、ゆず、
ヒノキ、サイプレス、ローズマリーなど

サボネリーのバスソルトはオシャレなガラスボトル入り。贈り物にも。

次の満月 12月4日

次の新月 12月18日

バスソルトは香りだけでなく、天然塩の持つ発汗作用が体温の低下を
防ぎ、血行促進作用で冷えにも良いのです。
■フランス サボネリー社製バスソルト 600g ¥2200
※香り:オレンジ、ラベンダー、ミント
※使い方:キャップ四杯分のバスソルトをお湯に溶かして入浴します
■カリス成城 月の満ち欠けバスソルト 100g ¥500
※香り:新月、満月
※2〜3回分
bongout
アロマテラピーと雑貨のセレクトショップ Bon goût(ボングー) 天然由来の香り 肌触りのいい布 使い継ぐうつわ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です