春財布

日本で桜が春の訪れを告げるように、フランスではミモザの花が
春を彩ります。南仏のミモザ祭りが有名ですが、イタリアにも
ミモザの日があり、3月8日は男性が女性にミモザの花を贈るそう。
以前、その日にイタリア料理屋さんに行ったら、シェフが帰りに
ミモザを下さいました。もちろん、そんな事するのはイタリア人
シェフでしたけれど…。
さて、春といえば張る、春に財布を新しくするとお金が貯まると
昔から言われています。旧暦の元旦にあたるのが2月16日。
新しいお財布に替えて、気分をリフレッシュ。

カッコいいどっしり感のあるウォレットが入荷しました。
ヌメ床にメタリック加工を施したレザーは使うほどにに馴染み、
ヴィンテージ感が出ます。
今年のラッキーカラーであるゴールドとピンクを揃えました。
■Tideway 日本製本革ロングポーチ ¥8000
※染料を使用した天然皮革は、1点1点風合いや色味に個体差があります。
ご使用後も、使用方法、使用頻度、環境、気候、状態、状況より、経年変化に
個体差が表れてきます。
【革の魅力は自分色に染まる】といわれる革の特徴を、お楽しみ下さい。

小さなバッグの流行からか、お財布も小さくなっています。
電子マネーやICカードの普及により、小銭を使わなくなったことも
理由でしょうか。
人気のがま口タイプのミドルウォレットです。
■Tideway 日本製本革がま口 ¥8000
color:マスタード、ブラック、ライトブルー

ショルダー別売 ¥2000

スマホと小銭とカードを数枚。
別売のショルダーベルトをつけてポシェットに。
ガーリーなワンピースにも、カジュアルなデニムにも似合います。
■Tideway 日本製本革ロングポーチ ¥8500
color:ブラック、ブラウン
別売ショルダーベルト ¥2000 キャメルカラーのみ
bongout
アロマテラピーと雑貨のセレクトショップ Bon goût(ボングー) 天然由来の香り 肌触りのいい布 使い継ぐうつわ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です