アロマテラピーと花粉症

本日2/7(日曜日)18時まで、明日2/8(第二月曜日)14時から営業致します。

いいお天気、今夜は宇宙ステーションきぼうが見られるかも知れませんね。
一方で、東海地方は2月17日頃からとされていた花粉の飛散、はやまっていませんか?そろそろ、アロマやハーブでの対策はじめましょう。

アロマに詳しくない方でも花粉症と言えばユーカリとご存知なほど、ユーカリの持つタンを取り除く作用(去痰作用)、粘膜を排出する抗カタル作用、鎮静作用などが花粉症の症状を和らげることは広く知られています。
ユーカリを最初に用いたのは原産国でもあるオーストラリアの先住民アボリジニ。感染症や発熱時に葉を燃やしてその煙を吸入していたそうです。

精油の採れるユーカリ(ユーカリプタス)は、グロブルス、ラジアータ、シトリオドラ、ブルーマリーなど種類があるのですが、花粉症対策にはグロブルスかラジアータを使用します。グロブルスは苦味のあるスッキリした香り、ラジアータは甘さのあるスッキリした香りなので、嗅ぎくらべてみましょう。お子様にはラジアータがおすすめです。

☆使い方☆
※ユーカリだけ(シングル)でも構いません
★マスクに垂らす
レモン1滴
ユーカリ1滴
★マグカップで吸入
ペパーミント1滴
ユーカリ1滴
レモン1滴
マグカップに入れたお湯に精油を入れ2〜3分嗅ぐ
★アロマバス
ユーカリ3滴
ティーツリー1滴
ペパーミント1滴
植物油、天然塩に精油を混ぜ、浴槽に入れる

■カリス成城オーガニック精油 ユーカリ5ml ¥1000

ハーブ専門店カリス成城のブレンドハーブティー。味がしないからハーブティーは苦手と思っていらっしゃる貴女、一度こちらをお試しください。合成香料、人工甘味料などは一切使用せず、自然そのままの風味をテトラ型ティーバッグに詰め込みました。

プロポリスの由来は、ギリシャ語で「敵の侵入を防ぐ城砦」ミツバチが巣を外敵から守るために植物の新芽や樹液から作る貴重なものです。特にカリス成城のハーバルプロポリススプレーは、世界最高級品のブラジル ミナスジェライス州産。最上級品質とされるグリーンプロポリスのなかでも、より鮮度の高いウルトラグリーン、スーパーグリーンのみを使用しています。

長野で育ったマリーゴールドで、お肌をやさしく守り、爽やかなエッセンシャルオイルの香りで鼻をすっきりさせてくれるスキンバーム。シトラスのやさしい香りは、お子様にも好まれます。

● 鼻の周りのカサカサに
● 鼻孔の周りに塗って花粉をガード
● 塗ってからマスクでダブルガード!
● 夜はのどや胸につけて

乾燥が気になる指先など、目の周り以外にご使用頂けます。

■カリス成城スースーバームマイルド8g ¥1200
配合精油:ユーカリラジアータ・オレンジスイート・スペアミント・ラベンダー・レモンティートゥリー・レモンマートル

天然精油100% アロママスク。ジッパー付きバッグに食品添加物扱いの天然精油で香り付けされた白色不燃紙マスクが5枚入っています。安心の三層構造で香り長持ち。バレンタインなどちょっとしたプレゼントにも喜ばれます。

■カリス成城 アロママスク(5枚入り) ¥420

デスクや車内でルームミストとして使われている方も多い人気の香りです。昼食後や車の運転時にはシャキッと切れたストロングタイプの香りもございます。どちらも店頭テスターにて使用感などお確かめ頂けます。

bongout
アロマテラピーと雑貨のセレクトショップ Bon goût(ボングー) 天然由来の香り 肌触りのいい布 使い継ぐうつわ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です