リバーシブルマフラー🧣

昨夜、マツコ有吉で「好きな野菜ベスト5」をあげるというのをやっていて、自分でも考えてみました。レギュラー陣は、玉ねぎ、じゃがいもなど根菜類、マツコは大根、有吉は茄子やニラを入れてました。栗は木の実、きのこは菌類なので除外となると、アスパラガス(特にホワイト、瓶詰めでもいい)ととうもろこしは外せない。トマト、にんじん、ネギ、レタス、キュウリ、ナス…。根菜なら蓮根、筍。果物ならすぐに決まるけれど、野菜となると難しいですよね。基本的に、全部好き。

さて、昨日のストールに続き、🇬🇧イギリス製のリバーシブルマフラーをご紹介します。

いまの季節おすすめ。英国人のスカーフデザイナー、Helen Chatterton(ヘレン・チャッタートン)によるハリスツイードとLIBERTYのコラボレーションスカーフマフラーです。スカーフデザイナーでもあるHelenの作品は英国の美術館や英国王室関連イベントで使用されるなど、英国メディアでも取り上げられています。
Harris Tweedとリバティのタナローン生地を組み合わせたマフラーは細めのサイズでスタイリッシュ。
どちらをメインにしてもおしゃれです。

■イギリス製リバーシブルタイストール ¥8500(9350)
color:4種
materials:コットン×ウール

いつもプレッツェル巻き🥨ばかりご紹介しているので、別の巻き方ないかなとネット検索してみたのですが、こちらのツイードミルマフラーとフリースのリバーシブルマフラー自体がそもそもない。公式サイトはもちろん、ツイードミルを扱う大手セレクトショップでもこのデザインはありませんでした。
二つに折ってフリンジ部分を通すだけでも十分オシャレ。男女問わずお使いいただけます。プレゼントにもお勧め。

■イギリス製リバーシブルマフラー ¥4900(5390)
color:5種
materials:ウール×アクリル(フリース)

フランスのファッションアクセサリーブランド、Vincent Pradier(ヴァンサン プラディエ)。
1977年にフランス人デザイナーヴァンサン・プラディエ氏によって立ち上げられました。ヨーロッパ、アジアでの人気が高く2013年にはパリに自身のフラッグショップをOPEN。日本でも老舗セレクトショップで採用されているので見かけられた事のある方もいらっしゃると思います。
素材を生かした製品作りに定評があり、特にファー使いは得意分野。オトナが使えるこなれたデザインと中国生産によりおさえられた価格で人気のブランドです。

■中国製中綿入りマフラー ¥5000(5500)

ファーなんてまだまだ…と思っていても、日1日と秋は深まっていますよ。

■中国製ラビットファーマフラー ¥5500(6050)
■中国製グローブ ¥4500(4950)
bongout
アロマテラピーと雑貨のセレクトショップ Bon goût(ボングー) 天然由来の香り 肌触りのいい布 使い継ぐうつわ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です