冷えにアロマ

今日も寒いですね〜。
年末年始、お越し頂いたお客様には、これからお洋服は春物しか入荷しませんとお伝えしたのですが、寒さはしばらく続く予報。少なくなってしまったセーターや羽織ものが欲しいとのお声を頂戴しましたので、“みんな大好き”DAYSにお願い。冬物再入荷が決定しました。

明日届き次第、ブログアップしますね。一部、お買い得商品も(^^)ある予定。

さて、明日からの三連休。寒いし、コロナも気になるし、お正月疲れでおうちでまったり…というときにお勧めの香りをご紹介します。

幸福のしるしとしてヨーロッパで長く愛され続けてきたマジョラムは別名「スイート・マジョラム」、「ノッテッド・マジョラム」とも呼ばれます。
マジョラムはギリシャ神話に登場する美と愛の女神アフロディーテが作り出したハーブという伝説もあります(ボッティチェッリのビーナスの誕生のビーナスと同一神)
古代ギリシャでは長く薬草として活用されていた他、恋愛成就のお守りとして使われたり、幸福のシンボルとして新婚の夫婦に贈られたりしていました。
また中世では魔除けのお守りとしても持ち歩かれるお花でした。心を平穏に保ち安らぎを与え心身ともにバランスを整えてくれる、まさに”幸福をもたらすハーブ”として知られています。

マジョラムはシソ科の多年草で、30~60cmほどの高さに育ち日当たりの良い土地に生息します。初夏には白や薄いピンクの可憐な花をたくさんつけます。原産地は地中海東部沿岸です。通常、葉や花穂を利用部位とします。

ほんのりとした甘さにウッディーのスパイスも混ざった、温かみのあるハーブ系の香りが特徴です。落ち着いた香りなのでリラックスしたい時にぴったりです。

マジョラム精油はハーブ系・スパイス系で「ミドルノート」に分類されます。ミドルノートの香りは30分~2時間後くらいまで持続し、ブレンドの中心的な軸となる大切な役割を果たす香りとなります。

マジョラム精油には心身のバランスを整えリラックスをサポートする効果があります。

●心に働きかける
マジョラムの学名は「Origanum majorana」(山の喜び)であり、その言葉の通り、喜びを与え、心を慰める力があります。

精神疲労や無気力感にも役立つ香りで。副交感神経に働きかけ自律神経を整えてくれる成分が多く含まれており「心を温める精油」とも呼ばれています。

ストレスを抱えて苛立った神経は鎮め、孤独感や無気力に対しては気を補いやる気のスイッチをオンにしてくれ、メンタルバランスを調整してくれます。

●心身への作用
副交感神経を活性化させることで、血行がよくなり、体温調節バランスを整え、冷えやむくみを改善します。疲れ切って肩などがパンパンに張っているときにも効果的です。

また胃腸の働きを活性化させるので便秘や下痢にも有効です。自律神経を安定させることにより、不安を取り除き安眠効果も期待できます。

筋肉痛や神経痛にも有効で運動の後など鎮静とリラックスさせたい時に効果的です。

●おすすめブレンド〜アロマバス〜
スウィートマジョラム 2滴
ゼラニウム 1滴
レモングラス 1滴
天然塩大さじ2杯に垂らしてよく混ぜ、お湯に溶かす

■カリス成城オーガニック精油マジョラム5ml ¥1000(1100)


bongout
アロマテラピーと雑貨のセレクトショップ Bon goût(ボングー) 天然由来の香り 肌触りのいい布 使い継ぐうつわ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です